all copy rights recieved by Gateway Management inc. 2015

●アーユルヴェーダとは?



「アーユルヴェーダAyurveda」は、5,000年以上受け継がれている世界最古のインド伝統医学です。サンスクリット語(インド古代の言語)の「アーユス(aayus 生命)」と「ヴェーダ (veda 知識)」の複合語で、「生命の科学」「長寿の科学」と訳されます。

 

個人のバランスを維持し、病気に陥った人の病気を取り除く(治療)の他に、健康な人を更に健康にする(健康維持・増進)、そして老化防止、長寿を追及することが本来の目的です。

完全な自然療法で、葉や樹皮、木の根、木の実、種子などを調合し精油や薬にして、様々な治療を行います。現代流に言いますと、治療医学・予防医学・抗加齢医学(アンチエイジング)であり、独自の理論で体系化されたものです。

 

高度化した社会、現在医療で忘れさられた”からだ”にとって大切な何か?を、アーユルヴェーダは現代の私達に教えてくれている様に思います。

 

是非、深いリラクゼーションと共にあるリアルなデトックス効果、からだへの作用、そしてナチュラルなフィーリングに包まれた当店の本格的なアーユルヴェーダをご体感下さい。

 

 

●健康を保つ要素

 

アーユルヴェーダでは、人間を含め宇宙に存在する全ての 物質が5つの元素(五大元素)「空」「風」「火」「水」「地」から成り、その組み合わせによりドーシャと呼ばれる3つの生命エネルギー「VATA(ヴァータ)」「PITTA(ピッタ)」「KAPHA(カパ)」が形成されると考えます。

 

ドーシャの組み合わせにより、私達の体質が決定されます。人間は生まれた時から3つのドーシャを持ち、各々のバランスを保つことで健康が維持されます。自分のドーシャの割合を知りバランスを保つことが大事です。      

 

バランスは人により異なります。また年齢・季節・環境・体調により変化します。生まれつき優勢なドーシャが最もバランスを崩しやすく、ドーシャのバランスが乱れると様々な病気を引き起こします。
 

バランスを崩したドーシャを均衡状態に戻すこと。それがアーユルヴェーダのトリートメントです。

 

 

 

●3つのドーシャ(エネルギー)の特徴

 

VATA(ヴァータ)     

                                

「風」「空」。運動、輸送のエネルギー。痩せていて太りにくい、肌や髪が乾燥しやすい、冷え症、便秘ぎみ、色白、血行不良。社交的、機敏、早口、活動的、好奇心強い。

 


PITTA(ピッタ)

 

「火」「水」。熱、消化のエネルギー。中肉中背で筋肉質、シャープな歯・顔、ニキビ・吹き出物が多い。正義感が強くリーダーシップがある、食欲旺盛、知性的、情熱的、プライドが高い。

 

 


KAPHA(カパ)

 

「水」「地」。固める、安定のエネルギー。骨格が大きく太りやすい、胸や腰が豊か、目が大きい、身体は丈夫、肌は油性。のんびりしている、穏やか、礼儀正しい、オープンマインド、冷静。

 

 

●3つのドーシャ(エネルギー)のバランスが崩れた際、 心身に現れる症状 (アーユルヴェーダ理論上)

 

VATA(ヴァータ)


不眠、悩み、不安、緊張、過労、体力喪失、情緒不安定、便秘。冷え性、頭痛、腰痛、肩こり、月経痛、関節痛、心疾患、皮膚荒れ、精神病

 

PITTA(ピッタ)


イライラする、怒りっぽい、批判的、完全主義、多汗、下痢、発熱。胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎、胃がん、肝臓・すい臓疾患、アトピー、心臓病

 

KAPHA(カパ)  


怠惰、執着、頑固、恐怖心、保守的、おおざっぱ、過眠、だるさ、肥満。気管支炎、喘息、糖尿病、アレルギー性鼻炎、花粉症、関節炎、風邪、泌尿器疾患

 

 

 

 

●アーユルヴェーダのデトックス(毒素排泄)とは?

 

なぜ、デトックス(毒素排泄)がアンチエイジング(若返り)や健康の維持・痩身に効果があると言われるのか?

 

 

散らかった部屋に美しい花を飾っても、部屋は綺麗になりません。それと同様に、疲れて荒れた肌にいくら化粧をしても、健康的で輝く肌を 取り戻すことはできません。

 

アーユルヴェーダでは、問題の原因を根本から探り取り除くことを第一としています。老化を加速させるアーマ(未消化物)を対外に排泄することで、心身が本来持つパワーを取り戻すことを目指しています。

 

●アーマ(未消化物・老廃物・毒素)はどこに溜まるのか?  

  

アーユルヴェーダでは、人間の身体に「スロータス」と呼ばれる、「管」が多数存在すると考えます。口から肛門までの管が代表的なスロータスで、他にも血管、リンパ管、消化管、尿道、神経、汗腺、乳腺といったものがあります。このスロータス管の内壁にアーマ(未消化物)が徐々に蓄積していきます。

 

●アーマは心身にどのような影響を引き起こすのか?
 

アーユルヴェーダでは、ドーシャのアンバランスがアーマ(未消化物)を蓄積させ体調を崩し、放置しておくと病気の状態を招くと考えます。

 

 

●どのようにアーマを取り除けば良いのか?

                                       

まずは、よく白湯を飲むことです。塩分と糖分などの水溶性の毒素排泄には白湯が効果的です。しかし、たんぱく質、でんぷんから成る食べ物は、完全に消化されないとアーマ(未消化物)としてスロータス(管)にこびりつき徐々に蓄積されます。油性のアーマ(毒素)は、同じく油溶性の物質、つまりオイルでなければ分解・除去できません。 

 

●オイルはどのように毒素を排泄するのか?

                                       

アーユルヴェーダのトリートメントは、コリをほぐし血流を良くするためのマッサージとは異なり、ハーブを煎じたアーユルヴェーダ・オイルを 身体に塗布し擦り込むことを目的とします。アーユルヴェーダ・オイルは毛穴から皮膚に浸透し、毛根から毛細血管に吸収され、血液、筋組織、骨組織、そして約15分で骨髄に到達します。アーユルヴェーダ・オイルは、体内のあらゆるスロータス(管)にこびりついたアーマ(未消化物)を分解します。

 

 

 

●分解されたアーマはどのように対外へ排泄されるのか?


アーユルヴェーダ・オイルが浸透した身体は普段より重く感じられ、心も体もゆったりとしたくなります。アーユルヴェーダのトリートメント後は、スロータス(管)を開く発汗法が、体外への毒素排泄に効果的です。また発汗により失われた水分を白湯の摂取により補うことでも毒素排泄が促されます。毒素は、発汗以外にも、排尿や排便によっても排泄され、増悪したドーシャは、排便によりヴァータが、発汗によりピッタが、排尿によりカパが下げられると言われています。

 

●どの位の頻度で毒素を排泄すると良いのか?


通常インドでは1年に1度、数週間から1ヶ月の間で一定期間毎日アーユルヴェーダのトリートメントを受けます。そう出来れば最も理想的なのですが、日本での生活ではなかなか難しいというのが現状です。インドでのような集中トリートメントが受けられない場合でも、1~2週間に1度の継続トリートメントで、増え過ぎた毒素やドーシャをコントロールしながら、心身を軽くし、美や健康を維持・増進することができるます

アーユルヴェーダの施術は、このスロータス管を浄化することが第一の目的です。スロータス管が綺麗になると、再び肉体が正常に機能するようになります。

 

 

●アーユルヴェーダはオイルが命

 

アーユルヴェーダでは数十種類のバーブが薬用化されたアーユルヴェーダ・オイルを使用します。ゴマ油が主に使われます。ゴマは古くから体に良い食べ物の一つとして珍重されてきましたが、現在でもゴマの抗酸化作用が体内の活性酸素を除去することが注目されています。活性酸素は、体をサビさせて老化を引き起こすもので、これを除去することで若返りの効果がもたらされます。ゴマの栄養成分は食物として摂るよりも、肌から吸収される方が効率が高いことが知られています。アーユルヴェーダがアンチエイジングに効果が高いといわれるのは、このゴマの効果によるものです。近年のゴマの成分によるサプリメントも注目されておりますが、アーユルヴェータでは既に数千年前からその効果に着目していたのです。

ゴマ油は肌の弱い人にはかぶれることもあるので、代わりにココナッツオイルやオリーブオイルを用いることもあります。これらのオイルは肌の熱を下げ炎症を鎮める

働きがあると言われております。

アーユルヴェーダのオイルは、これらのオイルをベースに用途に応じて様々なインドのハーブが煎じこまれています。

 

 

●ケララ・アーユルヴェーダ社(KAL)とは?


現在、アーユルヴェーダ発祥地でもあるインド南部のケララ州が盛んです。 当店は、アーユルヴェーダの本場、南インド・ケララ州にあるインド大手のアーユルヴェーダ製薬会社「Kerala Ayurveda Limited ケララ・アーユルヴェーダ社(KAL)」の日本パートナーとして、最高級のアーユルヴェーダ・オイルを直接取り寄せています。

KALは、製品の製造だけでなく、インド各地にアーユルヴェーダ専門の病院、診療所、薬局、そしてR&D、ハーブガーデン、学校やリゾートを所有し、インド伝承医学であるアーユルヴェーダを実践、伝承しています。KALはインド国内の複数の証券取引所で上場している優良企業です。工場、病院はインド政府に認定されています。製薬部門、R&D、そして病院の役員にはインドのアーユルヴェーダ界でも著名人が多いのが特徴です。直営のハーブガーデンでは1,200種類以上のハーブを育てています。KALオリジナル製品には定評があり、インド中で購入されています。

KAL直営の教育機関であるケララ・アーユルヴェーダ・アカデミー(KAA)は、ケララ特有の治療法を学ぶアーユルヴェーダ・ドクター向けのコースから、外国人向けの集中講座まで、様々なコースを実施しています。インド政府に認定を受けた公共機関でもあります。

ドイツやアメリカでも、伝統医療としてのアユールヴェダの普及に貢献する為にアカデミーを開き、アーユルヴェーダ製品の販売をしています。

●KALのオイル


KALのアーユルヴェーダ・オイルは、インドのアーユルヴェーダ医師により数十種類のハーブが調合されています。効果の高さはすでにインドで長年実証済みとなっており、大変貴重で優れたものです。実際に長年インドの病院やサロンで使用されています。数千種類のハーブから選択し、加熱処理をしながら油に含まれる粘着を取り除き、その都度ミルクやハーブをブレンドします。出来上がるまでに数日から数か月かかるものもあり、また一つのオイルに約40種類ものハーブ類が使われているものもあり、大変貴重なオイルです。

 

 

●Kiranah で使用するアーユルヴェーダ・オイル

 

 KALから最高級のアーユルヴェーダ・オイルを直接取り寄せています。個人の生まれ持った体質、そして現在の体質を基に、トリートメントで使用するオイルを選択します。心と体を癒すインド伝統療法「アーユルヴェーダ」で究極の癒し&デトックスをご体感下さい。